車の買取り価格の交渉方法

車を売却する場合、
できることならば少しでも高い買取金額を
提示してもらいたいですよね。
 
しかし相手も商売ですので、
やはり少しでも安く車を買取ろうとして
こちらが希望している金額よりも
低い価格を提示してくる場合がほとんどです。
 
そしてこの場合、できるだけ希望に近い金額で
車を売却するためには、
業者側と買取価格について交渉しなければなりません。
 
では、この交渉は具体的にどのように
進めていけばいいのでしょうか。
 
 
買取価格について交渉する際にはまず、
その車の買取り相場を調べておくことをおすすめします。
 
車の買取り相場はインターネット上の
簡単査定サイトで確認することができますので、
業者のもとに出向く前にしっかりと調査しておきましょう。
 
そして業者で車を査定してもらい
提示された金額が相場よりも低かった場合、
「この車の買取り相場は○○円くらいですので、
もう少し金額アップをお願いします」というように
交渉を進めていくのです。
 
またこの他にも、複数の業者で車を査定してもらい
より高い査定額をつけてくれた業者のさて見積書を
提示したうえで「もう少し査定額を上げてください」
というように交渉するのも有効です。
 
 
車の買取り価格に関する交渉は
比較的スムーズに運ぶことが多いですので、
車を買取りに出される際は提示された金額で
納得するのではなく、
ぜひ価格交渉にチャレンジしてみてください。
 

車を査定に出す際に必要な書類

車を売却する場合、
様々な書類が必要になってきますよね。
 
車を買取ってもらうためには、
車検証や自賠責保険証書、自動車の納税証明書、
実印、印鑑証明、委任状、譲渡証明書など、
様々な書類をそろえる必要があります。
 
では、車を売却する一歩手前、
つまり車の査定をしてもらう場合には、
そのような書類が必要になるのでしょうか。
 
 
車を査定に出す場合、
必要となるのは車検証と自賠責保険証書の2点になります。
 
車検証は正式には「自動車検査証」のことで、
その車を登録した際に発行されるものです。
 
自動車検査証にはその車の所有者や仕様車、
ナンバー、車検日などが記載されており、
車の査定をするために必ず必要となります。
 
また自賠責保険証書はいわゆる
「強制保険」に加入していることを証明する書類のことで、
これについても査定の際には必要となります。
 
 
これら二つの書類はよほどのことがない限り
車のダッシュボードから出すことはありませんし、
そもそも運転中は車内に携帯しておくべき書類ですので、
つまるところ、車の査定をしてもらうだけであれば
特別何らかの書類を用意する必要はないということになります。
 
車だけをもって行けば、
そこで査定士が車の状態をチェックして
査定額を算出してくれるというわけですね。

ペットをのせていた車の査定

車を査定に出した場合、
意外な理由で査定額が下がることがあります。
それは、車内に充満するペットの臭いです。
 
最近はペットも家族の一員として扱われるようになっており、
お出かけをする際もペットと一緒という方が多くなっています。
 
ただ、犬にとって車のシートというのは
トイレシートと同じような感触でもあるため
シートに粗相をしてしまうことがあります。
 
そしてこの臭いが、
査定額を下げてしまう原因となってしまうのです。
 
車というのは、ボディーの傷やシートのシミに関しては
簡単に消すことができますが、
シートや車内に染みついた臭いに関しては、
なかなか除去することができません。
 
そして臭いのついた車というのは、
なかなか次の買い手がつかないのです。
 
 
誰だって、犬のおしっこやうんちの臭いが染み付いている車なんて
購入したくありませんよね?
 
そのためそういった車は中古車市場において
どうしても値段が下がってしまい、
その結果車の査定額も大幅に下がってしまいます。
 
 
車を買い替える際、古い買取に出そうと思っていらっしゃる方は、
できるだけペットを車に乗せないようにするか、
あるいはおむつ等を装着するなどして
車にペットのにおいが沁みつかないような
工夫をしておくことをおすすめします。
 

車の査定額はどう決まる?

長年愛用した車を査定に出す際、
一つ気になることがありますよね。
 
そう、そのような基準をもって
その車の査定額が決まるのかということです。
 
車を査定に出す場合、
中古車販売店や車の買取り専門業者の査定士が
車の査定をしてくれるわけですが、
短ければ30分、長くても1時間もあれば
査定額が算出されます。
 
では、査定士はどのような基準によって
車の査定額を算出しているのでしょうか。
 
 
車の査定をする場合、
多くの中古車販売店や車の買取り専門業者では
車種や年式に応じた価格、
いわゆる「基準価格」が決められています。
 
そこで査定士はまず車の車種や年式をチェックし、
そのうえで細かい部分をチェックしていくというわけです。
 
 
具体的にどのような点かといいますと、
その車の走行距離やボディーの状態、ボディーカラー、
車内の状態、修理歴等をチェックしていきます。
 
例えば年式が新しくても走行距離が伸びている場合には
マイナス評価となってしまいますし、
骨組み部分まで修理している形跡がある場合は
事故車として扱われ、やはり査定額が下がってしまいます。
 
また反対に査定に出した車が人気カラーである場合や
車内の状態が綺麗な場合、走行距離が伸びていない場合には
査定額が少し上がる可能性があります。

走行距離が伸びている車でも査定してもらえる?

長年車を使用していると、
どうしても走行距離が伸びてしまいます。
 
また毎日長距離を運転して通勤しているという方の場合、
さほど長い期間車を使用していなくても、
走行距離がかなり伸びているということもあります。
 
では、走行距離がかなり伸びている車でも
査定をして買取ってもらうことは可能なのでしょうか?
 
 
答えはYESです。
 
 
一昔前の車というと、10万キロがきたら
寿命であるといわれていました。
 
現在でも、走行距離が10万キロを超すと
車の価値がかなり下がってしまうというのは事実です。
 
 
ただし、現在の車はかなり性能がよくなっており、
10万キロ走ったくらいでは故障しないようになっています。
 
実際海外では、10万キロ程度しか走行していない日本車というのは
十分に価値があるのだそうです。
 
そのため、例え走行距離が10万キロをこしている車であっても、
格安車として販売したり代車として使用したり
海外に輸出したりというように、様々な使い道があるのです。
 
 
もちろん高値での買取を期待することができませんが、
十分に納得のいく査定額をつけてもらうことができます。
 
走行距離がかなり伸びてしまっている方と諦めていた方は、
ぜひ一度車を査定に出してみてください。
思わぬ査定額がつくかもしれません。

事故車でも査定してもらえる?

車を査定に出す場合、
一つ不安になることがあります。
 
それは、
 
「事故車でも査定をしてもらうことができるのか」
 
ということです。
 
 
どんなに注意して運転をしていても
事故に遭ってしまうことはありますし、
その結果、愛車が傷ついてしまうこともあります。
 
では、諸事情により事故車になってしまった車を
買取ってもらうことは可能なのでしょうか。
 
 
答えはYESです。
 
 
実は自動車の査定士が日常的に使用している
「中古自動車査定基準」では、
この事故車について明確に定義されています。
 
その定義によると事故車とは、
「交通事故やその他の災害によって、
自動車の骨格等に欠損が生じたもの、
または、その修理歴のあるもの」となっています。
 
つまり、事故に遭ったから事故車となるわけでも、
人を怪我させてしまったから
事故車となるわけでもなく、
車の骨格の修理をしていれば
事故車として扱われるというわけです。
 
 
そして事故車であっても、きちんと修理がされており
車として機能しているのであれば、
きちんと査定をして買取ってもらうことができます。
 
ただし、やはりどうしても
査定価格は下がってしまうようです。
 
 
もしも中古車情報誌を見る機会があれば、
「修理歴有」の表示に注目してみてください。
 
意外にたくさん扱われていて驚かれることと思います。
 

改造車でも査定してもらえる?

 
車好きの方の中には、車を購入した後、
エアロパーツなど様々なオプションパーツで車を飾ったり、
車内に電飾をつけたり、ライトの色を変えたりして
カスタマイズされる方もいらっしゃるかと思います。
 
そしてその車を手放す日が来た際、一つ疑問に思うのが、
それらのオプションパーツ等はきちんと評価してもらうことが
できるのかという点です。
 
中には車の車体価格よりも高額な費用をかけて
車を改造している方もいらっしゃるため、
売却する際にはこれらについてきちんと査定し、
評価してもらいたいところですよね。
 
 
しかし残念ながら、改造している車の査定価格というのは、
とても低くなってしまうのが一般的です。
 
また中古車販売店の中には
改造車の買取りをしていないところもあります。
 
というのも中古車販売店は単に車を買取るだけではなく、
その車を転売することによって利益を得ているため、
一般受けしない車はできるだけ買取りたくないのです。
 
 
お金をかけて取り付けたパーツ類が査定額を下げてしまうとは、
何とも皮肉な話ですよね。
 
ただし、車の買取り業者の中には
改造車を専門的に扱っているところもあり、
そういった業者ではオプションパーツ等をきちんと評価し、
高く買取ってもらうことができる場合があります。
 
少しでも高く買い取ってもらうため、
複数業者に査定してもらうのも一つの方法ですね。
複数の業者を利用することで車の査定額アップ
 

年式が古い車でも査定してもらえるか

中古車市場において車は、1年、3年、5年という区切りでその価値が下がっていきます。
 
初年度登録から1年以内の車はかなり高額で取引されますし、
一度目の車検を受けただけの車、つまり初年度登録から3年経過している車
というのも、それなりの価値がつきます。
 
 
そして5年目、つまり2回目の車検を受けたあたりから、
車の価値がガクンと下がってしまいます。

そのため、現在売却を検討している車の年式がかなり古い場合、
果たして査定をしてもらうことができるのかどうか不安になってしまいますよね。
 
実際、年式が古い車でも査定をしてもらうことは可能なのでしょうか?
 
 
答えはYESです。
年式が古い車であっても、買取ってもらうことは可能です。
 
もちろん中古車市場において年式の古い車を高値で販売することができませんが、
格安車として販売したり、代車として使用したりというように
様々な使い道があるのです。
 
 
また車を査定に出した店舗で新たに車を購入するというような場合には、
実質的値引きの意味も含めてある程度の査定価格をつけてもらえる場合もあります。
 
 
年式が古いともう廃車にするしかない、とよく思われがちですが、
最初からあきらめてしまわないで是非一度査定に出してみてください。
 
納得のいく金額で買取ってもらうことができるかもしれません。
その時にやっておくべきなのは、
複数の業者を利用することで車の査定額アップでもお伝えしたように複数の査定外車に見てもらいましょう。

定期的に車の査定を受けてみよう

車の査定価格は、査定を受ける時期によって変動していきます。
車の査定価格というのは、シーズンや流行によって変動することがあるからです。
 
中古車市場において販売されている中古車の価格は、基本的にその車の状態と人気度によって決まってきます。
どんなにいい状態の車であってもお客様が「欲しい」と思わなければ売れませんので、
人気のある車は多少状態が悪くても比較的高値がつき、
逆に人気のない車は状態がいいものであっても販売価格が安くなる、
というのはある意味当然といえば当然でしょう。
 
そして高く売れる車、つまり人気がある車については、
人気車種は査定額も高い!!の記事でもお伝えしたように
必然的にその買取価格も高くなっていきます。
 
また人気車種というのはかなり流動的なもので、
ちょっとしたことでその車の人気が上がったり下がったりします。
 
 
例えばあるメーカーで大量のリコールが出たような場合には
そのメーカーの車種全体の人気が落ちることがありますし、「時代の顔」ともいえる
有名人がある車に乗っていることが分かった途端、その車種の人気が高まったりします。
 
そのため、例えば1月に査定を受けた時よりも6月に査定を受けた時の方が査定額が上がる、
何てことも十分にあり得るのです。
 
そこで車の処分を検討されている方でそこまで急を要してはいないという方は、
定期的に査定を受けてみるのもいいと思います。

ハリアーが人気の理由

ハリアーは、トヨタから販売されている人気車種で、現在はトヨペットで扱われています。
そしてハリアーは、年齢・性別を問わず多くの方々から愛されています。
 
というのもハリアーには様々な魅力が詰まっているのです。
 
まずはハリアーの低燃費性についてですが、
ハリアーはハイブリッドタイプであればリッター21.8km、ガソリン車タイプであっても
リッター14.8kmという低燃費性を実現したのです。
 
 
またハリアーは機能性にも優れています。
ハリアーのシートは後部座席の一歩を倒したり、
両方を倒して完全にフラットにしたりというように様々なシートアレンジをすることができます。
 
 
そして後部座席のシートを倒せば車内に大量量の空間が出現するため、
大きな荷物でも楽々と積み込むことができるのです。
 
アウトドアスポーツやレジャーを楽しむ方にはとても嬉しい機能ですよね。
 
 
さらにハリアーは、デザイン性にも優れています。
重心を低く設計したことによってSUV車独特のどっしりとした感じをなくし、
スタイリッシュで重厚感のあるボディーに仕上がっているのです。
 
またボディーにはシルバーメッキパーツがあしらわれているため高級感にあふれています。
 
様々な魅力がたくさん詰まったトヨタのハリアー、本当におすすめの車です。

中古車の買取価格をアップさせるには?